ロゴ

地域生態系の保全のための森林資源の活用と解体木材の再利用の調和のために

「地域産材の活用と解体木材の再利用を考慮した木造住宅生産システムの構築」
「木材流通システムの多段階性かつ不透明性の解消」
を目指しています。

国内の森林の約4割は人工林です。人工林は人の手が入ることで維持されてきましたが、国産木材の需要低迷により維持管理が困難になりつつあります。何故国産木材の需要が低迷しているのか。その背景には国産木材と輸入木材の価格差、ならびに国内の木材流通システムの多段階性かつ不透明性があります。

また住宅の解体木材の処理も深刻になりつつあります。住宅の解体時には使用されていた木材が排出されます。解体木材の再利用を想定していない設計は、結果として化学的、物理的に再利用可能性の低い解体木材となります。
さらに新材としての森林資源の活用と解体木材の再利用がトレードオフの関係にあります。

京都環境建設研究会では、これらの課題を統一的に解くべく、「地域産材の活用と解体木材の再利用を考慮した木造住宅生産システム」を構築することを目的としています。

具体的には、「森林資源活用と解体木材再利用のコンフリクト問題の定式化」「地域産材活用のための 物流・商流・情報流 改善システムの構築」「木造住宅の解体処理を容易にする設計ルールや工法の開発」などを行っています。